ブログ

和照明ができるまで

人気が高い和の照明A・APシリーズの商品ができるまでをご紹介します。

Aシリーズは、和のスタンド照明。

APシリーズは、和のペンダント照明です。

和の照明はこちらからご覧いただけます。

 

まずは、北米産の杉など、木枠の材料となる木材を干し場で数ヶ月以上じっくり乾かします。

乾かした木材を「プレナー」と呼ばれる機械にかけ、厚みを抑えます。

木材を「傾斜盤」と呼ばれる機械で加工します。

仕上げ(自動かんな)をかけながら、後に木枠を組み上げる際に各パーツがぴったり噛み合うよう、幅を調えたり、長さを揃えたり、溝をつけたり、パズルのような複雑な形のパーツを、この機械一つで作り上げていきます。

コンマ数ミリの狂いも許されないため、削り上げる歯の厚み、角度、高さなどを何度も微調整しながら行う、最も工程の多い作業です。

削った木材の木目がより美しく映えるよう「浮造り」という磨きをかけ、一本一本手作業で組み上げていきます。

少しの狂いが全体の歪みにつながるため、作業は慎重にかつ手早く行われます。

塗仕上げのものは、スプレーガンで塗料を吹き付けていきます。

下地→サンドペーパーでの研磨→中塗り→研磨→仕上げ塗りと何度にも分けて塗装します。

木枠に「ワーロン」(和紙を樹脂で挟んだ強化和紙)を貼ります。

適量の接着剤を木枠に塗り、ワーロンを乗せたらしっかり押さえながら貼っていきます。

このような様々な工程を経て、シェードは完成します。

 

撮影協力:八木大製作所

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る